The story of Bar Pálinka

椅子と内装コンセプトの話

椅子と内装コンセプトの話

前回からだいぶ時間が開いてしまったが続きを書いていく。    今日は椅子と内装コンセプトの話 店舗全体のデザインを担当した宮田の本分はプロダクトデザインだ。 プロダクトデザインと言ってもピンとこない人も多いだろう。 食器、文房具などの生活用品や家電製品、家具、インテリア、事務用具など身の回りにある様々なものをデザインするプロだ。   彼の得意分野はスツール。内装デザインの話でCGに写っていた渦巻状のスツールは覚えているだろうか。最初に提案されたバースツールはあれだ。あのスツール、実は1脚だけではあるが実際に製作を依頼した。木製で。しかも全て手作業。構造上耐久度なども心配だったが信州・松本にいる仙人のような木工家の藤原氏が「できる」と一言。どうやら木の声が聞こえるらしい…。ワイルドライフにそんなキャラいたな…。 芸術作品すぎて一時期Bar Pálinkaに展示していたこともあるので見覚えがある方もいるはずだ。現実問題、生産が追いつかないこととコストがとてつもないことになってしまうこともあり、このスツールで揃えることは断念した。   なんですかアレ…と毎日のように聞かれた。まさか木製とは誰も思うまい。   木工家、藤原氏のアトリエ。機械は一切使用しないという。       そこから一転、宮田が次は全く違うスツールを提案してきた。それが現在のパーリンカのスツールの原型だ。   透明…だと…   アクリル製のウネウネしたスツールだ。これを提案された松沢の気持ちをマジで考えてほしい…。(前回ぶり2回目)       原型と言っても今とほぼ同じなのだが、今の完成形のスツールとは薄さが違う。この時はもっと薄かったのだ。薄いとどうなるか…。そう、めちゃくちゃしなるのだ。もう、本当に、公園の遊具のような感じ。 現在のアクリルのスツールも若干しなるものの、その比ではない。   すっ…(グイーーーーーングイーーーン 松沢「うおっ!!うおおおお…こ、これは…NGですね」...
Read more